砂の部屋は、井手尾雪(Yuki Ideo)によるアートプロジェクトで、2016年に東京・渋谷区にある四畳半の部屋に200キロの砂を敷いて暮らし始めたことからはじまりました。現在は、部屋に砂を敷いたインスタレーション作品を中心に発表しています。
"Sand Room" is the art project by Yuki Ideo. It began when she started living in a room covered with 200 kilograms of sand in 2016. Since then, she has been presenting sand installation artworks.
ARTIST PROFILE
井手尾雪(Yuki Ideo)
アーティスト / 株式会社BACK HILL 代表取締役
2016年11月から渋谷区にある四畳半に砂を200キロ敷いた「砂の部屋」で暮らし始め、2019年には東京・渋谷にて砂を1トン敷いた展示を開催。多摩美術大学を中退後、ロンドン芸術大学セントラルセントマーチンズ初期課程を修了。
また、自身の制作プロセスを可視化させることをライフワークとしており、その過程で培った経験を活かし、人々が思考や想像/創造をするためのツールキットやワークショップの開発を行う。現在では企業向けの研修などを手がけ、2016年に株式会社BACK HILLを立ち上げる。
Yuki Ideo
Artist / BACK HILL Inc. CEO 
In November 2016, she began living in a room with 200 kilograms of sand in Tokyo, JAPAN. And in 2019, she hold an exhibition with one ton of sand in Tokyo. After dropping out of Tama Art University (JAPAN), she completed the foundation course at Central Saint Martins, University of the Arts London.
She has also made it her life's work to visualize her own creative process, and uses the experience she has gained in this process to develop toolkits and workshops to help people think and imagine/creative. She is currently involved in training for companies and launched BACK HILL Inc. in 2016.
Back to Top